非対面方式による古物の買い取り

非対面方式による古物の買い取り

非対面取引における相手方確認方法の決まり

 

インターネットや電話・メールを利用した古物の買取り等(ここでは非対面取引と呼ぶ)を行う場合、相手方の住所、氏名が本当であるのかを確認する必要があります。この手続きを経ずに古物を売買してしまうと処罰の対象となることもあります。ですから非対面方式で古物を買い取るときには相手方の情報を以下のいずれかの方法で確認してください。

 

  1. 相手から電子署名を行ったメールの送信を受けること
  2. 相手から印鑑登録証明書と実印を押印した書面の交付を受けること
  3. 相手に「本人限定受取郵便等」を送付して、その到達を確かめる
  4. 相手に本人限定受取郵便等により古物の代金を送付する契約を結ぶこと
  5. 相手から住民票の写し等の送付を受け、そこに記載された住所宛に簡易書留等を転送しない取扱いで送付して、その到達を確かめること
  6. 相手から住民票の写し等の送付を受けて、そこに記載された本人名義の預金口座に古物の代金を入金する契約を結ぶこと
  7. 相手から本人確認書類のコピー等の送付を受け、そこに記載された住所宛に書留等を転送しない取扱いで送付して、その到達を確かめ、あわせてそのコピー等に記載された本人名義の預貯金口座に代金を入金する契約を結ぶ

 

これらの手続き1~7すべてをするわけではなく、基本的には相手方から身分証明書等のコピーの送付を受けて、配達記録付郵便等を送付して、相手方の住所が本当かどうかを確かめたうえで取引を行うことを規定しています。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ プラン別料金 手続きの流れ お問い合わせ