古物商許可申請・許可証取得まで古物専門の行政書士が徹底解説!

古物台帳の記録義務のまとめ

古物台帳の記帳義務

古物を取り扱う古物業者には取引をする際に相手方の住所や氏名などを確認する義務と取引の記録義務があります。

 

この確認義務と古物台帳に記録する義務は古物の種類や金額、古物の売却や買い取りなどで違いがあり、1万円未満の古物を取引する場合などには確認や記録の義務が免除される場合があります。

 

本人確認義務が必要なとき「古物買取時

 

合計で1万円以上の古物を買い取るとき すべての古物について本人確認義務がある
合計で1万円未満の古物を買い取るとき 自動二輪・原動機付き自転車(部品を含む)、ゲーム、CD・DVDなどの記録物、書籍は本人確認義務あり

 

本人確認義務が必要なとき「古物売却時

 

合計で1万円以上の古物を売却するとき 本人確認の義務はなし
合計で1万円未満の古物を売却するとき 本人確認の義務はなし

 

 

 

 

古物台帳への記録義務が必要なとき「古物買取時

 

合計で1万円以上の古物を買い取るとき すべての古物について古物台帳への記録義務あり
合計で1万円未満の古物を買い取るとき 自動二輪・原動機付き自転車(部品を含む、ねじ、ボルト、ナット、コードその他の汎用部品は除く)、ゲーム、CD・DVDなどの記録物、書籍は古物台帳への記録義務あり

 

古物台帳への記録義務が必要なとき「古物売却時

 

合計で1万円以上の古物を売却するとき 自動車、美術品、時計・宝飾品類、自動二輪・原動機付き自転車(パーツも含む)の場合は古物台帳への記録義務あり。「※自動車の場合住所、氏名、年齢、職業などの記録は不要」
合計で1万円未満の古物を売却するとき 自動二輪・原動機付き自転車本体のみ)の場合古物台帳への記録義務あり

 

その他の古物の本人確認と古物台帳への記録義務

 

合計で1万円以上の古物を買い取るとき 確認義務あり、記録義務あり
合計で1万円未満の古物を買い取るとき 確認義務なし、記録義務なし
合計で1万円以上の古物を売却するとき 確認義務なし、記録義務なし
合計で1万円未満の古物を売却するとき 確認義務なし、記録義務なし

 

 

自動車の取引の場合

 

取引額が1万円以上の自動車を買い取りした時と売却した時の本人確認義務と古物台帳への記録義務

 

 

ゲームソフト、CD・DVD、書籍の取引の場合

 

取引額が1万円以上のCD/DVD、ゲーム、書籍を買い取りした時と売却した時の本人確認義務と古物台帳への記録義務

 

バイク取引の場合

 

取引額が1万円以上のバイクを買い取りした時と売却した時の本人確認義務と古物台帳への記録義務

 

バイク部品取引の場合

 

取引額が1万円以上のバイク部品を買い取りした時と売却した時の本人確認義務と古物台帳への記録義務

 

美術品、時計・宝飾品類の取引の場合

 

取引額が1万円以上の時計・宝飾類、美術品を買い取りした時と売却した時の本人確認義務と古物台帳への記録義務


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ プラン別料金 手続きの流れ お問い合わせ