古物商許可申請・許可証取得まで古物専門の行政書士が徹底解説!

古物商許可申請のよくある質問

古物商許可申請のよくある質問まとめ

古物に関する決まりごとは「古物営業法」や「古物営業法施行規則」にまとめられています。

 

しかし、法律に不慣れな人がこれを解読しようとすると一苦労です。

 

そこで、よくある質問をまとめてみました。法律よりはわかりやすく解説いたしますので参考にされてください。

 

 

 

 

 

古物を販売・買取りする店舗を増やそうと思うのですが、その店舗で新たに許可を取得しなければなりませんか?

古物商許可は都道府県毎の許可なので、すでに許可を受けている都道府県であれば、「営業所を増やしても新たに許可を取得する必要はありません」営業所を新たに増やすときには営業所を増やす旨の届け出を行えばよいです。店舗を増やす場合でも、都道府県が違えば新たに許可が必要になります。例えばすでに東京で許可を受けて古物営業していて、新たに大阪で古物営業をするよう場合であれば大阪で古物商許可申請を行う必要があります。

 

 

 

古物商許可を取得したのですが、どうやって古物を仕入れればいいのですか?

古物商許可を取得すれば「古物商しか入室できない古物市場」が存在します。一般の方では入れない古物市場では古物商の方が市場よりもはるかに安い価格で品物を仕入れることが可能です。市場の情報などは各警察署で公開しているところもあります。

 

古物市場の情報が記載されていますが、事前に連絡をしないと入れない場合もあるので、一度責任者に連絡をして確認することをオススメします。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ プラン別料金 手続きの流れ お問い合わせ