URLの届出とは

URLの届出とは

URLの届出とは

ホームページを利用して、非対面の方法により古物の販売や買い取りをするには、そのホームページのURLを届け出る必要があります。

 

どのように届け出るのかというと、管轄の警察署へ「別記様式第5号その3」にご自身のホームページのURLを記入して届出をします。

 

記載例

 

電気通信回線に接続して行う自動公衆通信により公衆の閲覧に供する方法を用いるかどうかの別とは、ホームページを利用して古物の取引を行うのかということです。

 

届出が必要な場合と必要でない場合

 

URLの届け出が必要な場合

URLの届け出が不要な場合

古物に関するホームページを運営する場合(固有のURLがある) 単にネットオークションを利用して古物の取引を行う場合
オークションサイト、ショッピングサイト等でのショップを開設する場合(固有のURLがある) 古物のホームページを開設しているが、営業している場所の情報やお知らせ、広告のみで取引に関しては対面取引のみであることを告知している場合。

 

基本的にはURLの届け出は固有のURLであれば必要。固有のURLがなければ不要となります。(例外あり)

 

単純にオークションサイトを利用して、古物を売買する場合には固有のURLがないので届出は不要になります。
楽天ショップなどでご自分のショップを開設している場合などは固有のURLがあるので届出が必要になります。

 

固有のURLがあれば絶対に届け出が必要というワケではなく、
ホームページで古物の告知や営業場所の紹介はしているけれど、古物の売買に関しては「対面取引」のみでしか行わないと明示している場合はURLの届け出は不要です。

 

 

プロバイダー等からの資料のコピー?とは

 

 

URLを届け出る際には、プロバイダーから交付されたURLの割り当てを受けた通知書かWHOIS検索の結果をプリントしたものどちらかを添付する必要があります。

 

URLの割り当てを受けた通知書はドメインを設定したサーバー会社が発行してくれるものになります。さくらのレンタルサーバーを利用している方は郵送にて発行してくれるそうです。利用しているサーバー会社に問い合わせて確認してください。

 

WHOIS検索とはドメインサービスを提供しているサイトで検索できるもので、検索したドメインの持ち主の情報が記載されています。
「登録者名」、「ドメイン」、「発行元(プロバイダ名)」の記載が確認できれば問題ありません。

 

 

ちなみに設定を行う前はWHOIS情報は初期設定のままなので変更を要する場合があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ プラン別料金 手続きの流れ お問い合わせ