古物商許可申請・許可証取得まで古物専門の行政書士が徹底解説!

古物の種類は13種類

 

 

一概に古物といっても、古物営業法では以下の13品目に分類されています。

 

 

美術品

あらゆる物品について、美術的価値を有しているもの。

絵画・書・彫刻・工芸品・火縄銃・日本刀など

衣類

衣類製品、革製品等で主に身にまとうもの。

洋服・着物・その他衣料品・帽子・敷物類・テーブル掛け・布団など

時計・宝飾品類

身に付けて使用される飾りもの

時計・メガネ・宝石類・装飾具類・貴金属類・模造小判・オルゴール・コンタクトレンズなど

自動車

自動車及び自動車のパーツ

タイヤ・バンパー・カーナビなど

自動二輪・原動機付き自転車

自動二輪、原動機付き自転車及びパーツ
タイヤ・マフラー・エンジンなど

自転車類

自転車及びパーツ、かごなど

写真機類

プリズム、レンズ、反射鏡等を組み合わせて作った写真機、顕微鏡、分光器等

カメラ・レンズ・ビデオカメラ・望遠鏡・双眼鏡・光学機器

事務機器類

計算、記録、連絡等の能率を向上させるために使用される機器及び器具

パソコン・ワープロ・コピー機・ファックス・シュレッダー・計算機・レジ・タイプライターなど

機械工具類

電気によって動く機械及び器具、他の物品の生産、修理などに使われる機械及び器具
工作機械・土木機械・医療器類・家庭電化製品・家庭用ゲーム機・電話機

道具類

12種類以外の物

家具・楽器・運動器具・CD・DVD・

ゲームソフト・おもちゃ・トレーディングカード・日用雑貨など

皮革・ゴム製品類

皮革またはゴムで作られている物品
鞄・バッグ・靴・毛皮類・化学製品(ビニール・レザー製)

書籍

書籍全般

金券類

商品券・乗車券・航空券・各種入場券・各種回数券・

郵便切手・収入印紙・オレンジカード・テレフォンカード・ビール券・株主優待など

 

 

 

許可を取得するときには、扱う古物の種類をあらかじめ決めて、
申請する必要があります。

 

美術品を主に扱いたいけれど、
先々は時計・宝飾品類なども扱ってみたい、と思っている方は、
あらかじめ申請時には時計・宝飾品類を取扱い品目に選んでおく必要があります。

 

取扱品目の追加も可能ですが、警察署に申請に行く必要があるので、
今後取り扱いたい品目が増えそうであれば、事前にその品目を選んでおいた方が良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ プラン別料金 手続きの流れ お問い合わせ