古物商許可申請・許可証取得まで古物専門の行政書士が徹底解説!

せどりをする場合古物商許可は必要?

せどりは立派な古物商

 

せどりをする場合、問題になってくるのが、
「古物商許可」が必要なのか?ということですよね。

 

法律では、古物を売買する際には許可は必要としています。

 

 

ただ、現実を見てわかるように、
オークションに参加している方は古物を売買しているが、
古物商許可を取得していない方がほとんどですよね。

 

 

これではオークションを利用している
個人の方の大半が違反をしていることになります。

 

 

警視庁がQ&Aで回答している該当例をいくつか確認すると、
どのような場合に古物商許可が必要なのか?わかります。

 

 

まずは、せどりを行う際には中古品の仕入れが必要になりますよね。
警視庁はこのように回答しています。

 

 

警視庁の古物営業の解答

せどりを行うには古物商許可を取得しなければならないのか?
「転売するために古物を買って持っているのであれば、許可を取らなければなりません。」

 

せどりとは中古ショップで古物を仕入れて、それをオークションで売却して、
利益を得る方法です。

 

警視庁の見解では、転売目的で古物を仕入れる場合には「古物商許可が必要」と言っています。

 

 

自己使用のため中古ショップで購入した古物をオークションで売却する行為は古物営業に該当するのか?

単発的に行う場合は古物営業には該当しないため許可は必要ありません。ただし利益を得るためにこの行為を反復継続して行えば古物商許可を取得しなければなりません。

 

警視庁の見解は二つあり、
「一つは自分で使用した物品をオークション等で単発的に売買する際には古物商許可は必要ないというのが一つ。」
「もう一つはその行為が繰り返して何回も行われるときには古物商許可が必要となると見解しています。」

 

自分で使用する目的で古物を購入し、不要になった場合に月に1~2回オークションを利用してその古物を売買する場合には古物商許可の必要はありませ。ただしその行為を月に複数回も行う場合は許可が必要になると見解しています。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ プラン別料金 手続きの流れ お問い合わせ