古物商許可申請・許可証取得まで古物専門の行政書士が徹底解説!

自分で使用したものをオークションで売却する場合の古物商許可は

自己使用のため購入したものをオークションで売却するには許可は必要?

 

欲しいものを安く買える、自分のものを少しでも高く売却したい!オークションではこのような利点があり、気軽に利用している人も多いと思います。
私も書籍などを購入する際には、まずオークションを調べてしまいます。

 

 

ただ、気を付けなければ古物営業法に違反してしまう場合もあるので注意が必要です。

 

ここで、警視庁が発表している古物取引のルールを確認しましょう。

 

 

自分で使っていたものをオークションで売る場合古物商許可は必要ですか?

自分で使用していたもの、自己使用のために購入したものをオークションで売る場合、古物商の許可は必要ありません。しかし、自己使用といいながら、実際は転売目的で古物を購入し、売却する場合は許可を取得しなければいけません

 

警視庁の解答から自分で使っていたものをオークションで売る場合には古物商許可を受ける必要はないと言っていますが、古物商許可が必要な場合もあります。それは自分で古物を使用するためと偽り、本心は転売をする目的で中古品を仕入れ、オークションで転売する場合です。

 

 

この場合、必ず古物商許可を取得する必要があります。

 

たとえ許可を取得していなくても、行えるという手軽さがありますが、万が一盗品を掴まされてしまって、面倒な事態になんてこともありえます。

 

 

この時に古物商許可を取得していれば、法律的に無許可営業とはならず守られますが、古物商許可を取得せずに営業していると、
無免許で古物の営業をしている罰則で「3年以下の懲役、または100万円以下の罰金」を課されてしまい大きな損害を受けることとなります。

 

 

自己使用していたものをオークションで売る場合には古物商許可取得の必要はありませんが、はじめから転売目的で古物を仕入れ、オークションで売却する場合には古物商許可が必要になるので注意が必要です。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ プラン別料金 手続きの流れ お問い合わせ