古物商許可申請・許可証取得まで古物専門の行政書士が徹底解説!

古物商の行商とは?

古物商の行商とは?

行商

 

 

露店やデパートの催事場など、
営業所以外の場所で古物営業を営むことを「行商」といいます。

 

 

以下のような営業を行う場合には、
古物商の許可内容が「行商する」となっていることが必要です。

 

 

・古物市場に出入りして取引を行う。
・中古自動車などの訪問販売を行う。
・デパート等の催事場に出店する。

 

 

 

許可内容が「行商する」になっていても、古物商の営業には制限があります。
古物商は、法人を含む一般顧客から古物を買い受ける、
交換する、売却または交換の委託を受けることは、
営業所またはお客様の住所でなければすることができませんので注意が必要です。

 

 

行商先での古物の買取りや交換はできません。

 

 

また、古物商を営んでいる個人の方や法人の方が、お客様の住所で古物を買い受ける場合は、許可証の携帯が義務付けられています。

 

この規定は従業員の方にも適用され、「行商従業者証」を携帯しなくてはなりません。

 

「某中古本出張買取り」のお店の方は、「行商従業者証」を持っているはずですよ。
出張買取りをした時にでも、確認してみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ プラン別料金 手続きの流れ お問い合わせ